男もツライムダ毛の悩み

男性でも近頃は、毛深いのが気になる方も女性並みに増えているようですがやはり何年経っても毛深い女というものは受け入れられないというか、『毛深い女=普通』という公式にはなりません。

海外の女性ではムダ毛があっても気にしない方が多いですが・・・ 毛深くない女性や、毛深い事なんてどうでもいい男性が、慰めているつもりなのか、皆さん口を揃えて言うのが「気にしなくていいよ」という言葉ですね。

そう言われてもムダ毛のないツルピカ肌を求める気持ちはわかりませんか?そういう風にフォローしてくれるのは嬉しいんですけど「気にしない」なんてできっこないんです。 できたら初めから気にしていません。

特に、子供は思ったことをそのまま言いますから、早ければ幼稚園ぐらいから気にして、自分でハサミやカミソリを持ち出して、なんとかしようとする子もいるようです。 そうなった場合、親は子供さんと一緒に、脱毛か抑毛の方法を考えてあげましょう。

間違っても「そんなの気にしなければいい」だなんて言わないで上げてくださいね。 気にしないのなら、初めからそういうことはしないのです。 ムダ毛が多い人は他人が思っている以上に気にしていることが多いです。

私は子供 脱毛を最近よく見ています。

濃いムダ毛に悩む人は豆乳ローションが効く

腕や足のムダ毛が濃くて処理をしてもキレイに処理しきれないって悩んでる人に抑毛ローションの使用をおすすめします。

ムダ毛が濃いから処理をしても毛穴が開ききってしまったり、黒いぷつぷつが残ってしまったりとお肌を出せない理由は人それぞれです。せっかくお肌をきれいに見せるためにムダ毛処理をしているのに、オシャレが楽しめないなんてもったいないと思いませんか?

抑毛ローションは数多く出回ってますけど特に効果が高くて、抑毛するならコレ!と言われているのが鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションです。これはムダ毛が濃くてこれまで悩みに悩んでいた女性たちに、救いを与えたムダ毛ケアの人気商品なんですよ。

濃度が違うパイナップル豆乳ローション

パイナップルはムダ毛の成長を抑える、大豆イソフラボンの成分をお肌に浸透させやすくするための働きをしてくれます。それに新しく加わったアイリス成分も、スベスベお肌へ導いてくれる強力な手助けをしてくれるんです。

パイナップル豆乳ローションは簡単ケア・天然成分でできている・市販の同種のものの約5倍の濃度この3つが売りです。また、天然成分でできているのでお肌の弱い人にもお子様に安心して使用することができます。

普通にムダ毛処理をしていたのではいつまでも皮膚を傷つけることになり、余計にお肌にダメージを蓄積することになってしまいます。そうならないためにもパイナップル豆乳ローションで肌へのダメージゼロのムダ毛対策始めませんか?

パイナップル豆乳ローションで人生を楽しく

ムダ毛が濃くて、1日経つとすでに太い毛がポツポツと生え始めているという悩みを持った友達がいました。

なので彼ができてもお泊りは恥ずかしくて旅行も行けないと悩んでいたんですけど、このパイナップル豆乳ローションを使用して二週間ほどすると効果を実感できたそうです。

特に気になっていたのが腕の毛だったそうなんですけど、一番早く効果が出たのが腕でその次が足と段々毛が目立たなくなってきたそうです。今では全くコンプレックスもなく旅行も楽しんでいますし、彼も少しひげの濃い人だったそうで彼も一緒に使用しているという話を聞きました。

男女問わず使えるし、部位を気にせず使えるのでそれが何より便利かもしれないですね。

脱毛が当たり前の社会で育つ小学生

脱毛が当たり前の社会で育つ小学生

今の社会は、ムダ毛を手軽に、
しかも格安で完全に脱毛する方法がいっぱいあります。

そんな脱毛に夢中の母親世代の影響か、
小さな頃からムダ毛を気にする女の子が増えています。

ある女の子は小学校低学年ですでに女性らしい体つきの上、体への興味も人一倍。

ところが、手足に大人の男性のような毛が目立つようになりました。

最初は誰も気にしていなかったのが、
三年生になると男の子たちがあだ名をつけ、からかい始めました。

それ以降、彼女は夏でも長袖とハイソックス姿です。

大人たちは体を露出しなくなった彼女に胸をなでおろしましたが、
その子は着替えも、体育の時間も苦痛でしょうがないようです。

悩んでいる子どものムダ毛を処理して終わらせるのではなく、
心のケアも一緒に出来るサロンが、これからの時代には必要かもしれません。

女のくせにヒゲ生えてる!と言われた友人の娘

近所に同じ年の子供を持つ友人が住んでいて、ある日突然その友人から

「うちの娘、男子に悪口言われたみたいで泣きながら帰ってきたの」と相談されました。

うちの子も同じ小学校に通っているので話を聞いてみると、同じクラスの男子が

「女なのにヒゲはえてるじゃん、コイツ!」と数人ではやし立ててきたそうです。

友人の子は色白でパッチリな瞳の可愛らしいタイプ。真っ黒な髪が肌に似合ってると思ってたのに
逆に色白なので鼻の下のムダ毛が目立ってしまっているのでした。

友人は「私も毛深い方で、昔から悩んでたほうだから・・・娘も同じなんて、どうしたらいいのか」と涙ぐんで話すのです。友人の娘も「学校に行きたくない」とまで言い出しているそうです。
「ちょっとずつでも剃ったほうがいいのかな」と、友人と一緒に悩んでます。

子供 脱毛を始めようかなと真剣に悩んでいます。